心療内科 精神科 児童精神科 カウンセリング 不安 パニックになる 憂うつ 子どもの発達障がい|さいたま市さいたま新都心駅より徒歩2分

さいたま市さいたま新都心の心療内科・精神科・児童精神科ならふせき心療クリニック

さいたま新都心駅より徒歩1分 電話番号:048-650-1117

強迫性障がい

強迫性障がい「潔癖症」という言葉を耳にすることが多いと思います。きれい好き、かたづけ好き程度なら良いのですが、清潔へのこだわりが度を超して長時間手洗いをしたり、消毒液を使いすぎて、逆に肌荒れを起こしたり、日常生活に支障を来すようですとそれは強迫性障がいの可能性があります。

また、外出した際 「鍵をかけ忘れたかな?」「コンセントは抜いたかな?」などと不安になり家に戻ったという経験はありませんか? 大概の場合、鍵は閉めてありコンセントもきちんと抜いてあったりするものです。しかし、そんな不安が度を超して何度も繰り返し確認しても安心できず、予定の時間に遅れてしまったり、外出すること自体を諦めてしまったりしてしまっては、日常生活に多大な支障をきたしてしまいます。

強迫性障がいは意外と本人も気付いていないことがあります。性格の問題と考えている場合が多いからです。

強迫性障がいの根底には、自分でも「ばかばかしい」「不合理だ」と解っているにもかかわらず、頭にこびりついてしまう観念、すなわち強迫観念が存在しています。そしてその観念がもたらす強い不安を中和するために、強迫行為が現れます。

具体的には、以下のような分類があります。

不潔恐怖(潔癖症)

手がバイ菌に汚染されているという観念によって何度も執拗に手洗いする。またドアノブ、電車のつり革など、人の手が触れる物がバイ菌に汚染されているという恐怖のため触れるが出来ない。

確認恐怖(確認癖)

戸締まり、ガスの元栓、電気のスイッチなど何度も確認しないと気が済まず、目的の行動が遅くなったり、できなくなったりする。

儀式的行為

自分で決めた手順で物事を行わないと不吉なことが起きるのではないかという不安・恐怖から、次第に手順が儀式化し、物事が先へ進まない。

保存恐怖

後で必要になるのではないか不安で、物を捨てられない。不要とわかっていてもため込んでしまう。これが行き過ぎるとゴミ屋敷化してしまう。

これらの強迫観念や強迫行為は自分自身おかしいと思っていても止める事が出来ず、本人も疲れ果ててしまいます。そしてそのような状況を避けようとし生活の幅を狭めてしまいます。

このような状態は薬物療法や心理療法によって、治療・症状軽減することができます。今までのこだわりが消え、生活に支障がなくなると好循環が生まれ、生活の幅が広がります。