心療内科 精神科 児童精神科 カウンセリング 不安 パニックになる 憂うつ 子どもの発達障がい|さいたま市さいたま新都心駅より徒歩2分

さいたま市さいたま新都心の心療内科・精神科・児童精神科ならふせき心療クリニック

さいたま新都心駅より徒歩1分 電話番号:048-650-1117

パニック障がい

パニック障害パニック障がいは、突然何のきっかけもなく心臓がドキドキしたり、息苦しくなったり、めまいなどの身体症状を伴う、耐え難い不安発作すなわちパニック発作が起きる精神疾患で、日本では100人に1人くらいの割合の発症があるとされていますが、軽いものまで含めると、非常に多くの方がこの障がいに悩んでいます。

放っておいて自然に良くなることはあまり期待できず、多くは良くなったり悪くなったりを繰り返しながら慢性化してしまいますが、早期に治療をすれば完治するものです。症状は長くて数十分ほどしか続きませんが、発症時の不安と恐怖は大きく、心臓発作や呼吸困難で死ぬのではないかと思い、救急車で病院へ運ばれることも珍しくありません。

パニック発作がおさまると症状は見られなくなり、検査をしても異常は見つかりません。しかしパニック障がいの症状は反復する傾向があるため、「またあの発作が襲ってくるかもしれない」という予期不安が強くて、一人で外出できなくなったり、電車・バス・飛行機など、公共の乗り物に乗れなくなるなど、日常生活に支障をきたします。

またうつ病・うつ状態を合併することもあり、逆にうつ病がきっかけとなりパニック発作が起きる場合もあります。

パニック障がいの症状、起こりやすい場面

パニック障がいは強烈な不安や恐怖感を伴います。
具体的には、下記のような症状が、同時に5~20分ほど続きます。

身体の症状

  • 心臓がドキドキする(動悸・心拍数の増加)
  • 急に汗が出てとまらない、脂汗が出る
  • 身体が震える
  • 呼吸が早くなり、息切れや息苦しさがある
  • 身体の一部がしびれるたり、うずいたりする
  • 悪寒がする、または火照る
  • 喉に何か詰まったような窒息感がある
  • 胸の痛みや不快感
  • 吐き気や腹部の不快感
  • めまい、ふらつき、気が遠くなるような感じがする

こころの症状

  • 今起こっていることが現実ではないような感じがする(非現実感)
  • 自分が自分ではない感じがする(離人感)
  • このまま死んでしまうのではないかという強い恐怖

パニック障がいの原因

パニック障がいの原因は、まだ解明されていませんが、ストレスや脳内の伝達物質の動きに関連があるのではないかといわれています。人間の脳には数多くの神経細胞(ニューロン)や受容体(レセプター)が存在し、その間を情報が伝わることで感情、知覚、運動、自律神経などの働きが起こります。その働きに誤作動が生じることでパニック発作や予期不安、恐怖が表れるのではないかと言われています。

パニック障がいの治療

パニック障がいの治療には、お薬による治療が一般的です。お薬を飲み始めると、まもなく効果が出てきますが、この時点でお薬を止めてしまうと、再発してしまう可能性が高まります。

お薬は継続的に飲まれることをお勧めしています。また、できるだけリラックスできる時間を作り、軽い運動などを取り入れて心身のバランスをとる工夫をし、できるだけストレスを溜め込まないようにすることも大切です。

心理療法的には、認知行動療法など、患者さんが避けている状況に少しずつ慣れていく治療を行います。

治療で心がけること

心と身体のストレスを溜めない

勤務先での人間関係やご家族との問題など、心のストレスだけではなく、過労や睡眠不足などの身体的なストレスもパニック発作を引き起こす要因になります。心にも身体も過度に負担をかけないように、ゆとりのある生活を心がけます。

治療を焦らない

パニック発作が起きなくなったとしても、お薬による治療は継続して行います。発作が起きなくなったからといって、治療をやめてしまうと発作が再発してしまうこともあります。

家族や周囲の方のサポートを受ける

パニック障がいの治療には、家族や周囲の方の理解とサポートが必要になります。周りの方にパニック障がいについての理解してもらうことで、気持ちの面でも楽になります。

規則正しい生活を心がける

規則正しい生活と十分な睡眠を取ることも大切です。風邪など、体調が悪い時はパニック発作の症状が出やすいといわれています。

アルコールやタバコ、カフェインはできるだけ控える

アルコールやニコチン・カフェインはパニック発作を引き起こしやすくするため、治療中はできるだけ控えましょう。

よくある質問一覧

パニック障害は治りますか?

パニック障害は自然に治ることはあまり期待できませんが、適切な治療を受けることで完治できます。まずはご相談ください。

パニック障害はどのようなときに起きやすいですか?

多くの場合、外出時や何か作業をしている際に起きやすいです。
何のきっかけもなく突然起こるため、対処が難しい症状です。
放っておいても自然に良くなる見込みは少ないため、まずはご相談ください。

長い間薬を服用して悪影響はありませんか?

パニック障害の治療に用いられるお薬は、医師の指導のもと適切に服用すれば副作用はほとんど起きません。反対に、急に薬の服用を止めてしまうとパニック障害が悪化してしまうことがありますのでご注意ください。

パニック障害の薬を、他の薬と一緒に服用しても大丈夫ですか?

パニック障害の薬の中には、他の薬と一緒に服用することで影響が出るものもあります。 そのため、受診の際にはパニック障害の薬を服用中であることを伝えるようにしてください。

経済的な負担が大きいです

治療費の負担軽減のため、各種制度があります。
受診時にご相談ください。
各種制度に関しましては、こちらでもご案内しております。