心療内科 精神科 児童精神科 カウンセリング 不安 パニックになる 憂うつ 子どもの発達障がい|さいたま市さいたま新都心駅より徒歩2分

さいたま市さいたま新都心の心療内科・精神科・児童精神科ならふせき心療クリニック

さいたま新都心駅より徒歩1分 電話番号:048-650-1117

各種助成制度のご案内

自立支援制度(精神通院医療費の公費負担)

精神疾患は治療が完了するまでにある程度の時間と通院が必要になります。 そのため、一度にかかる医療費は高くない場合でも、回数が重なると金銭面の負担が大きくなってきます。そうした患者さんの金銭的負担を軽くするための制度が「自立支援医療制度」になります。

こちらの制度は、所得や疾患によっては適応を受けられない場合がありますので、担当の医師と相談してください。

制度を利用すると、患者さんの負担額が1割になります

例えば、これまで3割負担で3,000円を負担していたものが、自立支援医療制度を利用することで1割負担(1,000円)に軽減されます。

また、1ヶ月あたりの自己負担額の上限(上限額は、納税額の納税額に応じて決まります)も設定されるため、高額な医療費の負担といったこともなくなります。

精神障害者保健福祉手帳

精神障害者保健福祉手帳は、長期の精神疾患によって日常生活に影響が出ている方を対象にした制度です。この手帳を持っていると、以下のサービスを受けることができます。

国のサービス

  • NHK受信料の減免
  • 税金の控除・減免 など

地域・事業者による独自サービス

  • 鉄道、バス、タクシー等の運賃割引
  • 携帯電話料金の割引
  • 公共施設の入場料等の割引 など

健康保険の傷病手当金

傷病手当金は、病気や怪我による休職中にも本人やご家族の生活を保障するために設けられた制度です。対象は会社員や公務員の方に限られますが、精神疾患もこちらの制度の対象となります。

対象となる方

  • 業務外の事由による病気やケガの療養のための休業であること
  • 仕事に就くことができないこと
  • 連続する3日間を含み4日以上仕事に就けなかったこと